外で遊ぼう!100のしつけより大事なこと

「外で遊ぼう!100のしつけより大事なこと」講演会で学んだことについて

講演会に参加して感じたこと

以前、クーヨンと言育児雑誌の編集長をしている戸来さんの講演会に参加した時のお話です。

家から近くでの開催で、子連れOKなのですぐに参加を決め話を聞きに行きました。

講演会の内容は「外で遊ぼう!100のしつけより大事なこと」と言うことでお話をしていただきました。

参加者には、子育てをしているお母さんから、保育者、とても様々な方達が参加していたと思います。

保育と育児の両方の視点で話が聞けてとても有意義な時間でした。

私は保育士なので、育児と保育は全く別物だと思っていましたが、育児の時のお話を聞けたことも大変共感できちょっとホッとした自分がいました。

我が子の育児について思うことはたくさんあります。

いけない、いけないとはわかっているんです。だけど出来ないことが多くて悩んでいました。

私もいつの間にか、自分の理想を子どもに押し付けていたのではないかと考えさせられました。

子どもが小さい頃は、そんなにこうなって欲しいと言う願望は大きくありませんし、大きい気持ちで育児できていたと思います。

しかしだんだん歳を重ね成長し、こうあって欲しいと言う願いが増えてきてしまっていたのだなと思います。

この講演をきっかけに、また育児について自分を見つめ直せたと思います。

講演会に参加して、子育てについて思うこと

現代はすごい速さで進歩してゆくIT社会となりました。

便利な面ももちろんありますが、子育てについてはあまりネットで何でもかんでも調べて答えを出してしまうのも良くないのかなと思います。

そして、何事もそうですが人と比べるのは良くないです。

子育てに関しては特にそう感じます。

講演会の中で印象に残った言葉で、「我が子の昨日と今日を注目してあげよう」と言うお話をされていた方もいらっしゃいました。

私が独身時代から注目していた保育が、今やっとこうやって熱くなってきた感じがしてとても嬉しいです。

今までは保育についてよく考えていましたが、我が子も成長してゆく中で小学校の壁について考えるようにもなってきた今日この頃です。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

保育士を10年程してきました。2児の母です。 母として、保育士として同じ子どもと向き合う毎日ですが、子育てと保育は違います。2つの視点からちょっとしたことから真面目なお話をブログに綴って行きたいと思います。 少しでも子育てしている方の参考になるように、またホッと息抜きできるような場所にできたらなぁと思っています。 何かお悩みや質問などありましたらお気軽にどうぞ。