【現役保育士が解説】企業主導型保育園の6つのメリットとは何か?

企業型保育園のメリットとは?

皆さん、企業主導型保育園についてどれくらい知っていますか?

こちらの記事では、実際に企業主導型保育園で働いていた経験を持つ保育士としての意見も交えつつ、

  1. 直接保育園に申し込みができる
  2. 料金が一律
  3. 幼児クラスの保育料無償化対象
  4. パート勤務やアルバイト勤務の方でも大丈夫!
  5. 一時預かりなども行なっている施設もある
  6. 保護者が保育士の場合は自分の子どもを預けられる

の6つのメリットを分かりやすく解説していきたいと思います。

また他の記事では、企業主導型保育園のデメリットについてもまとめていますので、そちらも合わせてご参考になさってください。

それでは企業主導型保育園のメリットについて、そして実際の体験談もお話ししていきます

企業主導型保育園とは?

企業主導型保育事業とは、平成28年度に内閣府が開始した企業向けの助成制度です。

企業が従業員の働き方に応じた柔軟な保育サービスを提供する為に設置する保育施設や、地域企業が共同で設置・利用する保育施設に対し、施設の整備費及び運営の助成を行います。

現在、全国で2,597施設あり、59,703人の子どもの受け入れをしています。(内閣府HP参照)

企業主導型は、認可外保育施設に位置付けられますが、2019年10月以降の保育料無償化の対象施設になっています。(3歳児以上は実質保育料無料)

企業主導型保育園の6つのメリットとは?

では実際に企業主導型保育園に子どもを預けた場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

その1、企業主導型保育園は、直接保育園に申し込みができる

認可保育園とは異なり、企業主導型保育園は直接園に申し込みが出来ます。

そして、必要書類が揃えば保育園の即内定がでる、といった仕組みになります。

大体が認可保育園に落ちた方が選んで入ってくることが多いですね。

その2、企業主導型保育園は料金が一律

企業主導型保育園は、各世帯の所得や状況に応じた保育料ではなく、料金が一律で決まっているところが多いです。

認可保育園などは、所得によって保育料などが変わってきますが、企業主導型保育園は所得が高い人にとっては、金額を安く抑えられる事もあります。認可外保育施設だと国や自治体からの補助がもらえないため保育料も高くなることが多いのですが、企業主導型保育園の場合は国から補助金が出るので料金も一律に設定している園が多いです。しかし園によって料金は様々です。保育料0円なんて言う企業主導型保育園もみたことあります。料金は「子育て支援新制度の利用負担額の水準」を考慮してその額を超えないような料金設定をしていくことが決まっているようです。

ちなみに私が勤めていた園は、1歳児で毎月45,000円位でした。(※金額は園によって異なりますのであくまで参考まで)大体年齢が上がるごとに料金も安くなっていきます。

その3、企業主導型保育園は幼児クラスの保育料無償化対象

2019年10月以降の幼児クラスは保育料無償化対象となります。

無償化となる対象の子どもの年齢は、各保育施設問わず一律との事なのですが、企業主導型保育園では各保育施設によって異なってくる場合もあります。

ですので、もし気になっている企業主導型保育園があるのであれば、一度問い合わせをしてみる事が大事ですね。

消費税の増税などもありますので、少しでも家計が楽になるのは嬉しい事ですよね。

その4、企業主導型保育園はパート勤務やアルバイト勤務の方でも大丈夫!

フルタイム勤務でないと受託が難しい保育園とは異なり、週4日のパート勤務やアルバイト勤務の方でも、必要書類が揃えば受託可能なところが多い傾向があります。

認可保育園では利用するにあたり「保育の必要性」の認定を受けなくてはなりません。

保育の必要性の認定とは、細かいポイント基準がありポイントが高い家庭から順に入園します。このポイントが高い順から入園出来る。これが場合によっては結構ハードルがあります。

というのも待機待ちが多い都市では、短時間勤務やパートタイム・アルバイトの方はなかなか認定を受けられないケースが多いです。

また、認定を受けてもポイントが低いため保育園に入れず待機待ちになってしまう可能性が高いです。

これだとパートやアルバイトで家計を助けようと思っているママは何も出来なくなってしまいますよね。

しかし企業主導型保育園では、直接契約なので多様なニーズに応えて受け入れることができます。

私が勤めていた企業主導型保育園では、両親どちらかが(どちらかは勤めているまたは働いていることは必須)これから仕事を探したいという方も直ぐに入園できていました。

園によって従業員枠と地域枠の受け入れ人数が定められているので、地域枠に属する自営業や公務員の方は、従業員枠より少ない枠になる場合もあります。

その5、企業主導型保育園は一時預かりなども行なっている施設もある

一時保育を利用しながら、様子を見て在園児になることも可能なんです。

他に延長保育も行なっていたりもしますが、認可保育園であると延長料金が発生する園がほとんどです。

しかし、私が勤めた園はなんと延長料金が無料でした!

企業主導型保育園はあくまでも認可外なので、それぞれの園で色々なニーズに対応しているのが特徴です。

急な残業や迎え時のトラブルなどもありますから、そういった事態にも対応してくれるんですね。

その6、保護者が保育士の場合は自分の子どもを預けられる

保護者が保育士の場合、子どもの認可保育園の通所が決まらなくても、自分の子どもを預けて働くことができます。

私が勤めていた園は事務の職員も自分の子どもを0歳児クラスに入れて勤務していました。

その理由は従業員枠に属するので、自分の子どもを同じ園に入園させて働くことができる、といった仕組みです。

通勤時間や迎え時間、急なお迎えなどを考えると安心して直ぐに対応できますね。

【我が家のケース】私が企業主導型保育園に決めた理由とは?

企業型保育園のメリットとは?

私が企業主導型保育園に決めた理由は、その6 保護者が保育士の場合は自分の子どもを預けられるという事が理由でした。

まず私は、この企業主導型保育園に内定をもらう前に、こども園に就職内定していました。

しかし、内定ではランクが低く次女を預ける保育園が決まりませんでした。

そして待機待ちが多い地域だった事もあり、結局保育園に入れませんでした。そうなると必然的に働けません。

いつ働けるか分からないので、一旦内定を取り消しにして、新たに作戦を考えました。

なるべくなら自分の子を預けて、同じ保育園で働くことは避けたいと思っていましたが、働く為には妥協しなければいけない所も出てきます。

そして、長女も幼稚園に通っているので働きやすい園に決めました。

企業主導型保育園は、認可保育園の選考に落ちた方が多く入ってきますが、私が勤務した園は認可の基準で施設を建ていて大きな学校法人の施設です。

そして、保育士として10年以上働いてきて思うこと、、、

企業主導型保育園は認可保育園よりおすすめする園もあります。

企業主導型保育園が出てきて、様々な特徴を持つ園が増えてきました。

先日お会いした方がたまたま企業主導型保育園の園長先生だったのですが、自然保育・野外保育を主体とした活動メインに行っているそうです。都会ですが森のようちえんの体験ができる園です。

たくさんの特色をもった園がありますので、よく調べて自分のニーズに合った保育園を探して下さいね。

余談ですが、つい最近通勤中の電車の横でとある夫婦が話している内容が印象的でした。(息子を保育園に入れたのはいいけど、保育園に入れる前はどこでもいいから入れることしか考えていなかった・・・色々な園があるからもっと入れる前にきちんと考えて調べればよかったな・・・。)と話していました。本当にそうだと私も思います。

子どものための園なのでどうかよくリサーチしてほしいと思います。

ちなみに、良い保育園というのは、やはり人気がありますし、見ていて雰囲気も良いです。雰囲気も大切です。

まとめ

いかがでしたか?

まとめますと、

  1. 直接保育園に申し込みができる
  2. 料金が一律
  3. 幼児クラスの保育料無償化対象
  4. パート勤務やアルバイト勤務の方でも大丈夫!
  5. 一時預かりなども行なっている施設もある
  6. 保護者が保育士の場合は自分の子どもを預けられる

といった項目が企業主導型保育園を選ぶ際のメリットになると思います。

保育園は結局は選べませんから、初めから自分で選べる企業主導型保育園に行くというのも1つの選択だと思います。

先ほどもお話ししましたが、企業主導型保育園も様々ありますので実際に園を見学行ったり、きちんと話を聞きに行くことはして欲しいと思っています。

企業主導型の上に立つ会社は様々あります。

また会社だけではなく社会福祉法人、学校法人であるところもあります。園によってイロは様々です。

保護者の方、保育園選びは大切です。保育の環境が子どもの成長や考え方にも影響を与えますよ。

またメリットだけではなく、企業主導型保育園のデメリットについてもまとめていますので、そちらも合わせてご参考になさってください。

【企業主導型保育園】現役保育士が5つのデメリットについて詳しく解説!

良い保育が子どもたちの良い未来を創って行くと私は思っています。

これを機会によく考え検討なさって下さいね。

【保育園で活躍】オススメなリュックをご紹介

保育園に入園するとなると、子どものオムツや着替えなど色々用意しなければいけませんよね。

実際に我が家の場合、子供用リュックに荷物を入れているんですが小さいとあまり入らないし、子どもには可愛いリュックを背負わせてあげたいし・・・。

色々探した結果見つけた、可愛い子供用リュック【NOHOO】を紹介します。

写真以外にも種類が凄くたくさんあって、どれを選べば良いか迷ってしまう程。

1歳〜8歳(小学校低学年)までサイズも豊富です。

しかもこのリュックは、洗濯で丸洗いも出来るのと、スキューバーダイビングで使用されている生地を使用していて、ふわふわで軽くて丈夫です。

量販店で売っていない商品なので、あまり他の子と被らないのも良いですね。

カラフルでとっても可愛いですよ。

せっかく保育園に通うんだったら、可愛いリュックで登園したいですもんね。プレゼントにも喜ばれますね。うちの子も飛び上がって喜んでいました。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

保育士を14年程してきました。2児の母です。 母として、保育士として同じ子どもと向き合う毎日ですが、子育てと保育は違います。2つの視点からちょっとしたことから真面目なお話をブログに綴って行きたいと思います。 少しでも子育てしている方の参考になるように、またホッと息抜きできるような場所にできたらなぁと思っています。 何かお悩みや質問などありましたらお気軽にどうぞ。