保育園に入れなかったら?企業主導型保育園という選択肢もあり

保育園に入れなかった我が家のケースのお話から

保育園に入れなかった方、たくさんいらっしゃると思います。私もそのうちの一人です。

私の場合のお話をしますと、次女を0歳児クラスの保育所入所を見込んで申請を出しました。

次女を妊娠した年に職場は退職したので、内定での申請でした。

この時点で復帰の方とのランクはかなり差があります。

申請する1ヶ月前までの0歳児クラスの空きがちらほら目立ったので、入所できると思い申請しました。

しかし、結果は同じ月に申請者が殺到し結局入れませんでした。

そして、それから待機待ちがどんどん増えています。

そんな中一時保育を利用できても週3回。

認可外の保育所に入れることは、金銭的にも働いてもマイナスにしかならないので諦めました。

もちろん職場の内定も一旦なしになりました。

その時は働きたいのに働けず、保育士不足であるのにその力にもなれず・・・。潜在保育士の問題もあるけどこんな状況じゃ変わってなんかいかないのではないかなと感じていました。

avatar

ミヤママ

企業主導型保育園という選択肢

10月になり、来年度4月からの入所の申請時期がやってきました。

よく考えて調べた結果、括りは無認可保育園ですが、企業主導型の保育園が次々に新設されています。

企業主導型保育園についてよく分からないという方に、企業主導型保育園のメリットについて詳しく解説した記事もありますのでご参考になさってください。

企業主導型保育園とは認可外なので、園との直接契約なので入れます。保育料も認可保育園と同じくらいの値段だそうです。

どこも認可外保育施設や横浜で言えば横浜保育室などは直接契約です(当時は横浜市に住んでいました)

しかし、認可と同じくらいの保育料なので、働きたい人にとっては一つの方法だと思います。

保育園に落ちてしまった方は、選択肢として考えるのも良いのではと思っています。

その際気をつけて欲しい点は、保育の質などは、企業主や幼稚園・保育園によって全然違うという点。

保育士としてアドバイスするなら、きちんと内容を把握し、どういった環境でどのような保育をしているのか?という点をよく見て調べて納得して子どもを入園されることをおすすめしたいと思っています。

成長する上で最も大切な幼児期。大事な我が子を預けるところなので、実際自分の目で見て決めることは大切ですよ。

企業主導型保育園についての6つのメリットにも詳細を記載していますのでご参考になさってください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

保育士を10年程してきました。2児の母です。 母として、保育士として同じ子どもと向き合う毎日ですが、子育てと保育は違います。2つの視点からちょっとしたことから真面目なお話をブログに綴って行きたいと思います。 少しでも子育てしている方の参考になるように、またホッと息抜きできるような場所にできたらなぁと思っています。 何かお悩みや質問などありましたらお気軽にどうぞ。