【子どもとの休日の過ごし方】令和元年を迎えて思うこと

子ども休日の過ごし方、イヤイヤ期、お出かけ

【子どもとの休日】こどもの国へお出かけの際は格安チケットがお得!

子ども休日の過ごし方、イヤイヤ期、お出かけ

我が家はGWの混み混みが苦手なのでいつも遠出のお出かけはしていませんが、さすがに今年の10連休は長い!!

近場の公園や買い物だけでは、もちません・・・

大人も毎日公園だと飽きますよね・・・

縄跳び、ボール遊び、ぶらんこ、すべり台、鉄棒、砂場遊び、土遊び、かくれんぼ、鬼ごっこ、カラスノエンドウの種集め、探索、虫観察、森遊び、色々しました。遊びは考えれば色々あるけれど私、疲れました。

こどものためと言っても大人も楽しみたいし違う空気を感じたい、私一人ではなくパパにも遊んで欲しいし・・・

と言うことで、GW前半はお天気が悪くどこも出かけられなかったので、後半は晴天だったと言うことで、横浜市にあるこどもの国へ家族で出かけてきました。

なかなか家族でのお出かけができていなかったので、長女も嬉しそうでした。

こどもの国は広いので混んでいても大丈夫かなと思っていましたが、さすがに本日は激混みで人口密度高かったです。

いつも空いている時しか行かないのでこんなに混んでいるのは久々に見ました。

【こどもの国】格安チケットで入園料がお得に!

子ども休日の過ごし方、イヤイヤ期、お出かけ

駐車場も午前10時半には両方満車。(正面・牧場口共に)GWは、8:30〜開園していました。

私たちは、バスで行ったのでスイスイでした。牧場口へ行く道は混んでいました。

そして、大黒屋という格安チケット屋さんで、こどもの国の格安チケットを購入してから行こうと思いましたが、完売していました。残念。

今回は突然行くことが決まって、事前購入できなかったのですが、事前に格安チケット屋さんでチケットを購入しておくと、3〜4割安くチケットを購入できるのでお得ですよ。

他にもディズニーランドのチケットや、他子どもの遊び場のチケットも売っている事があるので、お得にお出かけしたい方は利用してみるのもアリだと思いますよ。

【こどもの国】通常の入場料

  • 大人:600円
  • 小・中学生:200円
  • 3歳〜:100円
  • 3歳未満:無料

外で食べるとやっぱり美味しい!

子ども休日の過ごし方、イヤイヤ期、お出かけ

今日は、お弁当を準備していきました。着替えも2組づつ用意しました。

やっぱりこどもの国と言ったら、シートやテントを組み立ててゆっくりお弁当を味わうのも楽しみの一つですよね。子どもも喜びます。

自然の風を感じて食べるごはんは、進みますよね。我が娘たちもムシャムシャ・パクパク!!でした。

子どもにとっても自然の中で食べるお弁当はやっぱり美味しいようで、気持ちがワクワクしますもんね。

自然の中へお出かけする時は、思い切り遊べるように着替えは必ずもって行って下さいね。

やはり比較的奥の方へ行くと人は少なく穴場なところがありました。遊具があるところや牧場付近は人が多いです。

人が多いだけで知らない間に疲れてしまいます。気にならない方はいいのですが、あまり人混みが苦手な方は何をするにも並びますし覚悟は必要です。

トイレも並んでいました。特に女子トイレが長蛇の列。

【イヤイヤ期】本日の次女イヤイヤ事件簿

子ども休日の過ごし方、イヤイヤ期、お出かけ

さてイヤイヤ期真っ最中の次女。本日も何度か地面に寝転がりました。笑

本当によく見る典型的なイヤイヤ期の姿なので、笑ってしまいます。

以前書いたイヤイヤ期についての記事はこちら

機嫌よく歩いていたのですが、バギーに乗りたくなった次女。パパがバギーを押して先に歩いて行ってしまい・・・追いつかず、泣き始めその場にバタンと倒れて泣き始めました。

私が抱っこしても反り返って大泣き。バギーに乗せようとしてももう乗りません。拒否。

しかしとりあえずパパがバギーに乗せたら乗ったので泣きわめいていましたがそのままパパに押してもらい進んでみることに。

しばらくしてその状況よりママの抱っこの方がいいとすり替わったみたいで、抱っこしたら泣き止み機嫌も戻りました。

すり替え作戦使えるのですが、それはパパがいる時限定なので滅多にありません。

【イヤイヤ期】先日の次女のイヤイヤ

子ども休日の過ごし方、イヤイヤ期、お出かけ

先日は、電車に乗るのに急いでいて彼女のペースで歩けなかったことが嫌だったようで大泣き。抱っこしても反り返り。

電車に無事乗れても電車の床に転がる始末。とりあえず椅子に乗せても暴れてまた床へ。手がつけられず・・・

車内の皆様には本当に、お騒がせして申し訳ない気持ちですが、手がつけられず・・・

目的の駅に無事降り、自販機のボタンを見せるとピタッと泣き止み押して満足。

(インターホン、バスのボタン、自販機のボタンなど色々なボタンを押すことや改札機の定期のピッとするのがどうしてもやりたい時期です)

ヤクルト2本買い1本一気飲みしまた機嫌も戻りました。ヤクルトに助けられたのでした。何に助けられるかわかりません。

大体大泣きが始まると、本人も何が嫌で泣き始めたのか分からなくなっています。そして自分でもわけがわからなくなって泣きわめいて暴れているという感じです。「ママいい〜!!(ママがいい)」と言って大暴れしていますが抱っこしているのはママ私です笑

泣きわめきすぎて自分でも泣きやめなくなっているのでどうにかして落ち着いて気持ちが切り替わるように色々試します。それが今回は、自販機のボタンでした。そしてヤクルトでさらに落ち着けたということです。

そんなイヤイヤ期の次女。些細なところから火がついてしまいます。なるべく本人のペースで本人の意思も尊重して生活したいのですが、なかなか100%は難しいですよね〜。

パパがいる時は、すり替え作戦で気持ちを切り替えられることがわかりました。

【子育てについて】令和を迎えて思う事

子ども休日の過ごし方、イヤイヤ期、お出かけ

皆様はどのようなGWをお過ごしですか?

実家に帰省してゆっくり過ごしたり、家族旅行を楽しんだり、それぞれの時間を楽しんでいるかと思います。

もちろんお仕事の方もいらっしゃいますよね。

このGWで平成から令和という新しい時代を迎えました。

令和を迎え先日、地元で小・中学校の時水泳を一緒に頑張っていた友人から3年ぶりくらいに便りが届きました。今時レアな文通です。

その中に、もう一人の仲良くしていた友人が亡くなったという知らせが書かれていました。しばらく信じられない気持ちでした。

高校生の時に会ったのを最後に連絡先も分からなくなってしまい、会ってもいなかったのですが、不思議とよくふと思い出して元気にしてるかな?と気になっていたりしていたのです。最近もフッと思い出した時がありました。

私は、3歳から水泳を始め小学校1年生からは本格的に選手として毎日水泳をしていました。

その中でその友人とは辛い練習を支え合って頑張っていたのですが、それだけではなく水泳が終われば仲良く楽しい話に花を咲かせたり遊んだりしていた仲です。

小学校の友達とはまた違い、一緒にかけがえのない時間を過ごしていた仲で特別な友人でした。その友人が亡くなったと聞き悲しくて、何があったのだろうと昔のことをいろいろ思い出し考えてしまいました。

彼女と毎日一緒に過ごした9年間は決して忘れることはないでしょう。

この日々があったから今の自分があるようなものです。

本当に人生何が起こるか分かりません。

このことがきっかけで改めて、私は毎日を大切に今に感謝し一生懸命生きなくてはいけないなと強く思いました。子育ても同じです。

令和元年を迎えこのような気持ちになりました。

皆様も家族・友人を大切に平和で穏やかで自由な日々が送れますように・・・

素敵な時代になってくれることを願って、日々子育てを楽しんでいきたいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

保育士を10年程してきました。2児の母です。 母として、保育士として同じ子どもと向き合う毎日ですが、子育てと保育は違います。2つの視点からちょっとしたことから真面目なお話をブログに綴って行きたいと思います。 少しでも子育てしている方の参考になるように、またホッと息抜きできるような場所にできたらなぁと思っています。 何かお悩みや質問などありましたらお気軽にどうぞ。