2020年7月

自然保育保育

【自然保育に興味のある方必見】森のようちえん指導者養成講座を受講して感じた事

自然保育・野外保育でなくても保育者の環境設定や工夫で進めていくことはできますが、私は保育指針を読みながら自然保育・野外保育での活動が指針の内容を照らし合わせてイメージしやすく、当てはまることが多いのではと考えます。中でも「環境を通して、乳幼児期の子どもの健やかな育ちを支えて促していくことに保育所保育の特性があるといえる。」とありますが、環境について大事さが書かれています。